ラジオ

ラジオ
2014年12月27日

2014/12/27(土) 放送分:GLOBAL R-VISION|ゲスト:株式会社池山メディカルジャパン 代表取締役 池山 紀之氏

gr_radio

◇2014年12月27日(土)オンエア内容再生はこちら↓

  @FM にて毎週土曜日19時~ ON AIR中の「GLOBAL R-VISION」は、「地域を元気にする」をキーワードに、この東海エリアで頑張る企業・モノづくりやサービスこだわる企業の経営者の皆さんをお迎えして、成功へのターニングポイントから、人・会社・ブランド力の魅力を紐解いていきます。ぜひ、皆さんの未来のビジョンを描くヒントにして下さい。

 

    番組パーソナリティは、ブランディングプロデューサー・安藤竜二、アシスタントパーソナリティは、フリーアナウンサーの名越涼子がつとめます。今夜、成功へのターニングポイントから未来のビジョンを語って下さるのは、「全ての女性に笑顔を!!」をモットーに、名古屋市で、オーダーメイド人工乳房事業を展開する、株式会社 池山メディカルジャパンの池山 紀之さんです。

 

★株式会社池山メディカルジャパン
代表取締役 池山 紀之氏

乳がんで胸を失ったり、変形したりした女性用の人工乳房の専門メーカーである池山メディカルジャパンは、残された側の胸から型を取り、なるべく自然な乳房を作る独自技術で急成長している。2011年には、再建手術の新手法も開発。「世界で競合相手がいない」という技術を武器に、世界進出を図っている。同社は2003年、池山紀之社長が男性の尿道圧迫を解消する器具「ステント」の製造会社として創業。大手医療メーカーの協力を経て、商品化に取り組んでいた。しかし、そのメーカーが事業から撤退。さらに厚生労働省の認可が下りず、05年に事業を断念した。一方、池山社長が会社の事業と並行して取り組んでいたのが人工乳房製作。乳がんで片胸をなくした妹に頼まれて始めた研究だが、大手下着メーカーの協力を得て、自然な見た目の商品作りに成功。05年の乳がん学会に発表すると、高い関心を集めた。特徴は、残された側の胸から型を取り、肌の色を調整して精巧に仕上げる手法。シリコーン製で専用接着剤を使い装着するが、柔らかさと見た目を本来の胸に近づけた。「胸を失ってもおしゃれな下着や温泉を楽しみたい」という女性の需要に着目し、06年、人工乳房の販売事業を始めた。初年度の売上高は300万円だが、3年で黒字転換を果たし、10年度は2億2千万円と急成長。国内では乳がんで胸の切除手術や温存手術を受ける人は年間5万人。胸を取り戻すには、人工乳房と再建手術の2つがある。同社は、人工乳房だけではなく再建手術も手がけることで、事業を拡大した。

★GLOBAL R-VISION 公式WEBサイト★(過去放送配信中!!)

★GLOBAL R-VISION 公式facebookページ★

 

◇2014年12月27日(土)オンエア内容再生はこちら↓(※上部プレイヤーと同内容です)

最新のニュース&コンテンツを購読する
facebookでいいね!
Twitterでフォロー
RSSで購読
RSSfollow us in feedly
MAIL MAGAZINE REGISTRATIONメールマガジン登録
ブランディングとお客様に関する最新のニュースをお届けするメールマガジンDDR NEWS!
メルマガ会員限定のキャンペーンやイベント情報、事例や最新記事、コラムからセミナー・研修開催等の情報満載!
登録は簡単&無料!

株式会社DDR
Head Office 〒444-0038 愛知県岡崎市伝馬通2-8 サカエヤビル 3F Tel:0564-65-7533 Fax:0564-65-7588 MAPはこちら>>
DDR MEIEKI STUDIO 〒453-0016 愛知県名古屋市中村区竹橋14-2 ブラン・ド・ブラン1階B号室

Copyright(c) DDR co.,ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP