ラジオ

ラジオ
2015年07月11日

2015/7/11(土) 放送分:GLOBAL R-VISION|ゲスト:株式会社フィット・プラス  代表取締役 永田裕一朗氏

gr_radio

◇2015年7月11日(土)オンエア内容再生はこちら↓

  @FM にて毎週土曜日19時~ ON AIR中の「GLOBAL R-VISION」は、「地域を元気にする」をキーワードに、この東海エリアで頑張る企業・モノづくりやサービスこだわる企業の経営者の皆さんをお迎えして、成功へのターニングポイントから、人・会社・ブランド力の魅力を紐解いていきます。ぜひ、皆さんの未来のビジョンを描くヒントにして下さい。

 

   番組パーソナリティは、ブランディングプロデューサー・安藤竜二、アシスタントパーソナリティにフリーアナウンサー・佐藤まみのコンビでお届けしていきます。今夜、成功へのターニングポイントから未来のビジョンを語って下さるのは、日本一白色が似合う解体業者を目指し、岡崎市で、総合解体工事や産業廃棄物の収集・運搬などを行うフィットグループ、株式会社フィット・プラスの永田 裕一朗さんです。

 

★株式会社フィット・プラス 
代表取締役 永田裕一朗氏

白色にこだわる解体業者、株式会社フィット。社員のユニフォーム、トラックを白色で統一し、また、名刺、会社案内、WEBサイトなどの発信ツールのデザインも統一している。今までの解体業とは違う、新たなイメージを作り上げていったのが永田裕一朗氏。永田氏は、学校卒業後、建築資材メーカーに就職し、その後、建築資材の販売施工代理店へと転職。営業、販売、管理、施工といった建築の一連の流れを学んでいった永田氏は、そこで現・株式会社フィットの代表である中崎昌弘氏と出会う。中崎氏は平成17年に独立・株式会社フィットを設立。尾張地区を中心に営業をし、徐々に顧客のエリアが広がっていき、平成20年に三河営業所を立ち上げるという転換期に永田氏は株式会社フィットに入社。永田氏は、そこでふと会社を客観的に見回したら、フィットには自分たちを表現するものが何もなかったんことに気付く。そこで、フィットブランドを作らなければいけないと決意する。新しく建てる人は、古い建物を壊す人、そうターゲットを定め、おしゃれな解体屋を目指すことになる。解体業ゆえに、1日作業すると、服もトラックも泥だらけ、埃まみれになる。かと言って、汚れの目立たない黒い服を着る、どうせ汚れるからって汚い格好で作業をする。それを否定し、汚れたら洗えばいい、日本一白色が似合う解体業者をフィットは目指すことで、希望規模を拡大していった。制服をそろえること、だれが来ても挨拶をすること、汚れた道はきれいにして帰ること。当たり前のことをちゃんとすれば良い。現場は彼らのショールーム、ブランド発信の場になると考える永田氏は、当たり前を一つ一つ積み重ねていくことで、フィットのブランドを形成していった。永田氏は、平成22年に株式会社フィット・プラスを設立し、フィットブランドを指揮する立場となる。

★GLOBAL R-VISION 公式WEBサイト★(過去放送配信中!!)

★GLOBAL R-VISION 公式facebookページ★

 

◇2015年7月11日(土)オンエア内容再生はこちら↓(※上部プレイヤーと同内容です)

最新のニュース&コンテンツを購読する
facebookでいいね!
Twitterでフォロー
RSSで購読
RSSfollow us in feedly
MAIL MAGAZINE REGISTRATIONメールマガジン登録
ブランディングとお客様に関する最新のニュースをお届けするメールマガジンDDR NEWS!
メルマガ会員限定のキャンペーンやイベント情報、事例や最新記事、コラムからセミナー・研修開催等の情報満載!
登録は簡単&無料!

株式会社DDR
Head Office 〒444-0038 愛知県岡崎市伝馬通2-8 サカエヤビル 3F Tel:0564-65-7533 Fax:0564-65-7588 MAPはこちら>>
DDR MEIEKI STUDIO 〒453-0016 愛知県名古屋市中村区竹橋14-2 ブラン・ド・ブラン1階B号室

Copyright(c) DDR co.,ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP