ラジオ

ラジオ
2015年08月08日

2015/8/8(土) 放送分:GLOBAL R-VISION|ゲスト:アーボ株式会社 代表取締役社長 杉村和敬氏

gr_radio

◇2015年8月8日(土)オンエア内容再生はこちら↓

  @FM にて毎週土曜日19時~ ON AIR中の「GLOBAL R-VISION」は、「地域を元気にする」をキーワードに、この東海エリアで頑張る企業・モノづくりやサービスこだわる企業の経営者の皆さんをお迎えして、成功へのターニングポイントから、人・会社・ブランド力の魅力を紐解いていきます。ぜひ、皆さんの未来のビジョンを描くヒントにして下さい。

 

   番組パーソナリティは、ブランディングプロデューサー・安藤竜二、アシスタントパーソナリティにフリーアナウンサー・佐藤まみのコンビでお届けしていきます。今夜、成功へのターニングポイントから未来のビジョンを語って下さるのは「幸福と美と創造を熱望しよう!」という社名のもと、中部エリアの道路排水用のコンクリート二次製品を製造販売するメーカー・アーボ株式会社の杉村 和敬さんです。

★アーボ株式会社
代表取締役社長 杉村和敬氏

岐阜県・揖斐川町で、昭和48 年に創業したアーボ株式会社は、「人間の幸せを実現する」という経営理念のもと、コンクリート管を造り続けて40 年。4 つのバイコン製造ラインから、高強度で壊れない箱形パイプ(側溝)が作られ、中部地方の国道県道に述べ1500km 以上が使われている。同社の箱形パイプ、台付管は、高強度・高耐久性があり、社会資本の長寿命化、CO2 削減に貢献している。水セメント比が35%以下のバイコン製法は、中性化、凍結融解、薬品にも強く、高強度、高耐久性は製法誕生一世紀の歴史が証明している。ザラザラの表面が滑り難くなり、自転車、バイクの転倒防止にも役立っている。同社では、顧客の声に耳を傾け、自社開発を続けて、毎年新製品を送り出している。側溝の桝・曲り管などの周辺部材も充実し、業界随一の品ぞろえを誇っている。設計から現場の手伝いは勿論、特殊加工が出来るのもアーボの特徴である。ISO−9001認証取得工場で作るバイコン製品は、産廃ゼロ、蒸気養生をせず、セメント使用量も減らし、CO2 削減に貢献した環境に優しいコンクリート。杉村氏は、「地域社会に対する貢献は、立地している企業の責務と考え、出来ることは、利益の地元への還元と思い、今後も継続して実施していきたいと思っています。」と語る。

★GLOBAL R-VISION 公式WEBサイト★(過去放送配信中!!)

★GLOBAL R-VISION 公式facebookページ★

 

◇2015年8月8日(土)オンエア内容再生はこちら↓(※上部プレイヤーと同内容です)

最新のニュース&コンテンツを購読する
facebookでいいね!
Twitterでフォロー
RSSで購読
RSSfollow us in feedly
MAIL MAGAZINE REGISTRATIONメールマガジン登録
ブランディングとお客様に関する最新のニュースをお届けするメールマガジンDDR NEWS!
メルマガ会員限定のキャンペーンやイベント情報、事例や最新記事、コラムからセミナー・研修開催等の情報満載!
登録は簡単&無料!

株式会社DDR
Head Office 〒444-0038 愛知県岡崎市伝馬通2-8 サカエヤビル 3F Tel:0564-65-7533 Fax:0564-65-7588 MAPはこちら>>
DDR MEIEKI STUDIO 〒453-0016 愛知県名古屋市中村区竹橋14-2 ブラン・ド・ブラン1階B号室

Copyright(c) DDR co.,ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP