社長の自叙伝

社長の自叙伝
2017年08月15日

ナゴヤ美容株式会社 代表取締役社長 坂田武則

00

昭和54年(1979年)愛知県の美容師向けの卸の専売業者として名古屋で産声をあげた「ナゴヤ美容株式会社」自社のフィルターを通し確かなものだけを美容室に卸すというスタンスで全国商社に転身。現社長である坂田武則は先代より受け継いだ会社を、時代に合わせ営業手法を変え、自社商品の開発に取り組み、顧客を伸ばしている。そして、平成24年(2012年)冬、待望の『Clé de Nouveau(クレド ヌーヴォー)』を生み出した坂田武則に、サムライ日本プロジェクトの安藤竜二が迫った。

美容業界の「オンリーワン」を目指して

安藤竜二(以下安藤) ナゴヤ美容さんの歴史について教えてください。

坂田武則(以下坂田) 私の父である先代:坂田栄実が昭和54年(1979年)に名古屋市天白区に設立しました。22歳で美容業界に飛び込み、大阪の製造メーカーの新規開拓営業として全国を飛び回っていました。27歳の時に名古屋に転勤、その後社内の仲間と共同経営という形で販売会社を立ち上げ、36歳の時に完全独立。愛知県の美容室を中心に美容室専売商品の卸売販売を開始したことが始まりです。

安藤 愛知県を中心に販売していたナゴヤ美容が、今では全国へ展開しているそうですね。ナゴヤ美容の転機は何だったのでしょう。

坂田 昭和63年(1988年)、当時は画期的だった、パーマと毛染めが同日にできる商品を販売したことがきっかけです。一美容室で使われていた商材を商品化するために、資金を集め、商品化。3年で8億円の売上を作るまでのヒット商品を世に送りだしました。良い商品があれば全国どこへでも駆けつけ、本当に良いものであれば、世に出る為の支援をして販売する「人の役に立つ仕事」というナゴヤ美容の原点がここにあります。

安藤 いわゆる「目利き」ですね。坂田社長はいつからこの仕事を始めたのですか。

坂田 私がこの仕事に就いたのが24歳の時でした。高校卒業し、カナダへ。2年後、パイロットの資格を取るため、アメリカへ渡りました。無事、パイロットの免許を取ったのですが、やはり家業を継ぐことを決意し、美容の本場であるフランスへ渡りました。パリでは、多くの美容師に出会い、美に対する意識の高さ・勉強熱心さ、そして同じ年の人が生き方を真剣に考えていることを身近に感じ、自分自身の甘さが露呈した気がしました。その後日本に帰り、営業職から、ナゴヤ美容での仕事がスタートしました。

安藤 カナダ、アメリカ、フランスで感性の探求の旅があり、それが今の仕事につながっているのですね。

坂田 世界を見ている人たちは、個性が強く、「オンリーワン」「オリジナル」を目指していました。お腹を空かしても勉強に、美容にお金を投じており、とても刺激を受けたのです。私たちのビジネスに置き換えたとき、美容業界の「オンリーワン」「オリジナル」を目指そうと思ったのです。

安藤 他社にはまねできないことを始めたのですね。最初の取り組みは何だったのでしょう。

坂田 時代に合わせ営業スタイルを変えていかなければならないと、「B to B」という通販型の営業スタイルに変更しました。時代と共に、スタッフの数もギリギリで運営している美容室が多くなってきました。その中、営業で回っても、仕事の邪魔をしてしまう、効率が悪いとマイナス面が多くなってきたのです。そこで考えたのが、DM発送による営業でした。1日美容室に詰めている美容師さんにはどんな情報が必要なのか考え、メーカーの商材をナゴヤ美容なりの勉強と解釈を入れ、独自の情報発信をしていくことにしたのです。ナゴヤ美容というフィルターを通し、情報・商材を美容室へお届けする、それが私達の本来の仕事ではないか、と気づいたのです。

安藤 時代を敏感に受け止め、美容室のことを考えての決断だったのですね。メーカーと美容室との「翻訳者」として橋渡しをするようなビジネスに社長が変えていったのですね。

坂田 自社PB商品を開発しました。きっかけは、美容師さんの手荒れのひどさに愕然としたことです。肌が弱い、安心して使えるものがない、などお客様の多くも悩みを抱えていることが分かりました。そこで、ナゴヤ美容が出した結論は、「天然成分を主とした商品が必要、合成成分が多いものをなくしていこう」ということでした。でも、それに見合う商材がない、だったら自分たちで作っていこう、と。そして、平成17年(2005年)、初のPB商品『エコミィーシャンプー』を、次いで平成24年(2012年)、第2弾である業務用トリートメント『B×Oヘアーローション』を販売するに至りました。

お客様の声から生まれた『Clé de Nouveau』

安藤 「オンリーワン」の商品の開発・販売になるのですね。どういう視点で開発をするのですか。

坂田 お客様へのヒヤリング、美容室へのヒヤリングを徹底します。『B×Oヘアーローション』は「美容業界を変えよう」とバイオ工学の研究者と一緒に開発したのですが、美容師さんの相談から始まったプロジェクトだったのです。様々な材質でテストを重ねた上、見つけ出したものが「プロポリス」。これを髪にも使えないかと開発を進め、改良に改良を重ね、『B×Oヘアーローション』が完成したのです。
 プロポリスは、古くは天然の抗生物質として、殺菌作用、抗菌作用があると言われ、麻酔剤としても使われていました。プロポリス自体は一歩間違えると炎症を起こす、危険なものでもあります。適性量を、最大限の効果が出るように配合設計を組むことにより、髪をダメージから守り、毛根から健康な髪へ導き、美しいツヤ・滑らかさを実現することができるのです。この商品を発売して以来、大幅なコストダウンになった、と美容室に喜んでいただき、またお客様のうれしい声も多く寄せられる様になりました。

安藤 お客様に求められている商品だということですね。さらに、新しい商品が発売、ということですが…。

坂田 『Clé de Nouveau』と言い、『B×Oヘアーローション』をベースにした、シャンプー・トリートメントのホームケア商品を開発しました。せっかく良いトリートメントを使いその場はキレイになっても家庭での、シャンプー、トリートメントが悪いと効果が持続しないということがあります。いいものを使ってもらいたい、キレイになってもらいたいという思いと、また、美容師さんからの要望もあり、『Clé de Nouveau』を開発したのです。

安藤 その考えが素晴らしいですね。『Clé de Nouveau』のこだわりポイントを教えてください。

坂田 ナゴヤ美容が長年研究し出した良いシャンプーの5つの要素「①泡が細かいほど良い ②泡切れが良いこと ③泡立ちが良いこと ④乾かしたときにベタベタしない ⑤希望のスタイリングが復元できること」、こちらを徹底し、シリコン・石油系の界面活性剤を使わない商品だということです。シリコンの代わりに「プロポリス」を使用しているため、シャンプー、トリートメント共に、シリコンが入っていなくても、ツヤが出るのです。

安藤 なるほど、ノンシリコンのシャンプー、トリートメント。プロポリスをシャンプーやトリートメントに使うことは当たり前ではなかったのですか?

坂田 プロポリスを使っているシャンプーは他にもあります。ただ、プロポリスがとても高価のため、入っている量が少ないものがほとんどなのですが、『Clé de Nouveau』のシャンプーはプロポリスが主成分で構成されているため、入っている絶対量が違います。また、プロポリス以外にも「アルガンオイル」が入っているのも特徴です。元来、モロッコ原産のこのオイルは「奇跡のオイル」と呼ばれ、皮膚の炎症防止、万能薬として利用されていました。とても希少価値が高いものなのです。実は…採算、製作費度外視で開発をはじめたのです(苦笑)。いくらかかるか分からない、でも材料にこだわり良いものを作ろう、と。お客様に喜んでもらいたい、いいものを作りたい、という強い気持ちで、単価を決めずにこの商品を作りました。

安藤 常にお客様の方向を向いているのですね。『Clé de Nouveau』を使うとどんな効果があるのですか。

坂田 販売までに、多くの方にモニターしていただきました。「髪がふんわりしてきた、ハリがでてきた」「くせ毛で悩んでいたけど、雨の日も怖くない」「スタイリング剤がいらないくらいツヤが出た」「髪の毛が若くなった」など…多くの喜びの声をいただきました。髪が元気になるのは、「プロポリス」の力が有効に働いたからだと思います。ちなみに、髪に有効的に働く「アミノ酸」をベースに作っているのも、喜びの声につながっているのでしょうね。

安藤 ネーミングの由来は何ですか。

坂田 『Clé de Nouveau(クレド ヌーヴォー)』はフランス語で「新しい鍵」。このシャンプー、トリートメントを使うことによって、新しい自分を見つけて欲しい、新しく生まれ変わった髪を手に入れて欲しい、という願いを込めています。新しい世界の扉を開ける、そんなお手伝いができればいいな、と思っております。

安藤 この『Clé de Nouveau』によって坂田社長がフランスで感じたこと、また1つ結実するのですね。そんな坂田社長の今後の展開について教えてください。

坂田 昨今の美容業界はとても厳しい現状があります。ナゴヤ美容としては、美容師さん含め、美容室を支援させていただきながら、業界全体の底上げのお手伝いをしていきたい、と考えています。そのためには、ナゴヤ美容がフィルターとなって良い商材、良い情報を提供していくと共に、今後も、美容室運営の武器になるような商品の開発・研究を重ねていきます。そして今回の『Clé de Nouveau』を通し、美容師さん、お客様、一人でも多くの人が笑顔・幸せに繋がれば最高ですね。


坂田武則
ナゴヤ美容株式会社 代表取締役社長


昭和48年(1973年)名古屋生まれ。海外で感性を磨いた後、ナゴヤ美容株式会社へ入社。営業畑を歩みながら、美容業界では先進的な通販型という営業手法を確立する。自社PB『B×Oヘアーローション』の開発にも取り組み、ヒット商品となる仕掛けを作る。2012年冬には『Clé de Nouveau』の発売を手がける。ヘリコプターパイロットの免許を持つ。


ナゴヤ美容株式会社 
〒466-0832 愛知県名古屋市昭和区駒方町4-36-5
TEL: 052-837-2331 FAX: 052-837-2321
株式会社フィットオフィシャルサイト URL http://www.nagoyabiyo.jp

最新のニュース&コンテンツを購読する
facebookでいいね!
Twitterでフォロー
RSSで購読
RSSfollow us in feedly
MAIL MAGAZINE REGISTRATIONメールマガジン登録
ブランディングとお客様に関する最新のニュースをお届けするメールマガジンDDR NEWS!
メルマガ会員限定のキャンペーンやイベント情報、事例や最新記事、コラムからセミナー・研修開催等の情報満載!
登録は簡単&無料!

株式会社DDR
Head Office 〒444-0038 愛知県岡崎市伝馬通2-8 サカエヤビル 3F Tel:0564-65-7533 Fax:0564-65-7588 MAPはこちら>>

Copyright(c) DDR co.,ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP