ラジオ

ラジオ
2016年12月26日

2016/12/24(土) 放送分:GLOBAL R-VISION|ゲスト:株式会社買取王国 代表取締役社長 長谷川和夫様

gr_radio

◇2016年12月24日(土)オンエア内容再生はこちら↓

@FM にて毎週土曜日19時~ ON AIR中の「GLOBAL R-VISION」は、「地域を元気にする」をキーワードに、この東海エリアで頑張る企業・モノづくりやサービスこだわる企業の経営者の皆さんをお迎えして、成功へのターニングポイントから、人・会社・ブランド力の魅力を紐解いていきます。ぜひ、皆さんの未来のビジョンを描くヒントにして下さい。

番組パーソナリティは、ブランディングプロデューサー・安藤竜二、フリーアナウンサーの佐藤倫子の二人でお届けしています。

今回、成功へのターニングポイントから未来のビジョンを語って下さるのは、「夢ある商品とサービスを通して、喜びと心の満足を創りだす」を経営理念に、リサイクルショップを展開する、株式会社買取王国の長谷川 和夫さんです。

株式会社買取王国 
代表取締役社長 長谷川和夫氏

高買取王国は、「価値再生感動創造業」を事業ドメインとし、名古屋を中心に、愛知・岐阜・三重・大阪で30店舗以上を展開する「買取王国」「マイシュウサガール」などのリユースショップを4ブランド展開している。アパレルをはじめ、ホビー雑貨、家電・デジタル家電、ゲーム、ブランド品など、幅広いアイテムを取り扱っていることから、ユーザーの支持も高い。「アパレル+ホビー」という組み合わせを実現させ、「家族みんなが楽しめる店」を作り上げたことが、他店にはない特長である。

長谷川氏は、大学卒業後、大手レコード会社に就職。その後、両親が経営する、家電や楽器、レコードの卸しや小売りなど数社の会社を運営する共和商事(買取王国の前身)に入社。39歳で社長に就任する。同社の1号店は家具・家電をメインで取り扱う店であったが、社員の声をきっかけに、アパレルからホビー、カメラといった新たな柱を築いてきた。社員の自発的な挑戦意欲を原動力に成長を続けてきたのが、同社の歴史ある。

この事例をヒントに、スタッフの“好き”を活かすような商品展開により飛躍的に売り上げを向上させる。その商品が好きだからこそ、ディスプレイもカッコいい見せ方がわかっている。そうした中で、同社は古着・ホビー(ミニカーやブライス)では他店の追従をゆるさないほど、ユーザー評価の高い店舗となる。こうして同社では、店舗毎に、その商品を好きになるスタッフをいかに育成するかを商品展開の基準とする。そのため、同じ買取王国の店舗であっても、店によって商品展開に特徴が出てくるようになり、このことが買取王国の一番の強みとなる。チェーン店なのに経営手法は個店経営という図式が明確になった。もちろん、店舗と同様に店内のコーナーに関しても、それぞれが「個店」となり、ひとつのコーナーで、その商品が好きな1人のスタッフに、買取価格・売価・値入や粗利も任せ、それをオープンにすることでスタッフ同士の競争意識を生み出す。長谷川氏は、それが、いま成長への大きな原動力になっていると考える。

 

★GLOBAL R-VISION 公式WEBサイト★(過去放送配信中!!)

★GLOBAL R-VISION 公式facebookページ★

 

◇2016年12月24日(土)オンエア内容再生はこちら↓(※上部プレイヤーと同内容です)

最新のニュース&コンテンツを購読する
facebookでいいね!
Twitterでフォロー
RSSで購読
RSSfollow us in feedly
MAIL MAGAZINE REGISTRATIONメールマガジン登録
ブランディングとお客様に関する最新のニュースをお届けするメールマガジンDDR NEWS!
メルマガ会員限定のキャンペーンやイベント情報、事例や最新記事、コラムからセミナー・研修開催等の情報満載!
登録は簡単&無料!

株式会社DDR
Head Office 〒444-0038 愛知県岡崎市伝馬通2-8 サカエヤビル 3F Tel:0564-65-7533 Fax:0564-65-7588 MAPはこちら>>

Copyright(c) DDR co.,ltd. All Rights Reserved.

PAGE TOP